知識をつける

家のイラスト

長い人生の中で、不動産を売却するといった経験は、そう頻繁にあることではないでしょう。しかしながら、マイホームを購入した後に、仕事の都合で転勤となり、現在の住まいを手放すことになってしまったとか、遠い親戚から土地と家屋を相続することとなったものの、その所在地が現在の住まいから遠方にあるため、売却する以外に方法がないとか、何等かの事情で、買い替えをすることになったなど、いつ、どのような形で遭遇するか、誰にも予想はできません。そして、初めて、不動産を売却する機会に遭遇した人であれば、誰でも戸惑うこととなるはずです。もちろん、実際に売却する段階では、不動産会社に依頼することとなるでしょう。ただ、必要な予備知識など、事前に調べておくことも不可欠です。

そして、事前に知っておくべきことの1つとして、不動産売却の際にかかる費用が挙げられます。その1つに、住宅ローンの残債があります。例えば、住宅を現金で一括購入するという人は、極めて、稀でしょう。通常、住宅ローンを利用するのではないでしょうか。そして、住宅を売却する時点で、住宅ローンの返済が残っている場合もあると思います。そのような場合、残っているローンの返済のための資金に加え、ローンの抵当権を抹消するための費用も必要となります。 そのほかの費用として、不動産会社へ支払う仲介手数料のほか、不動産の売却によって利益が発生した場合には、譲渡所得税の課税対象となります。これらの費用は、売却の方法などでも変わってきます。事前によく確認する必要があるでしょう。